離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~

木槌

種類は

説明

円満にお互いの話し合いだけで終わる離婚を協議離婚と言います。話し合いで決まらない、話し合いにならない、相手側が放棄していると言う場合には調停離婚になります。これは調停委員と言われる人が男女1名ずつ付き、お互いの話を聞いて離婚の合意や財産分与の話、または仲裁をしてくれます。調停では夫婦がお互いに顔をあわせないように対処してくれます。回数はだいたい月1回となっていますが、調停によって離婚が成立するまでは非常に時間がかかる事があり、早い人では3ヶ月程度で決着しますが、長ければ1年以上もの時間を取る事になります。調停離婚では調停委員の前でどれだけ自分の意見を伝えられるかが問題になります。自分の考えを主張できなければ不利になる事もあります。1度調停が成立すると話の内容に不服申立てを行う事はできません。合意できない部分や疑問点は徹底的に話して解決する必要があります。交渉力や意見の主張の仕方等の相談に弁護士へ相談する人もいます。調停離婚で終わらなかった場合には、裁判離婚になります。その間に審判離婚と言う制度がありますが、これは覆されれば再度調停になる事があり2度手間になる為にあまり利用されていません。裁判離婚では訴訟提起をすると言う事になり、裁判と言う法律的な力がものを言う世界で離婚や慰謝料を請求すると言う事になります。調停手続きが出来ていなければ裁判へ進む事はできません。また、裁判離婚をする為には民法が定めている離婚理由が必要になります。離婚理由となるのは不貞行為、不倫や浮気等です。そして悪意の遺棄と言う一緒に暮らす事を意図的に拒む、拒否する、協力しないと言う姿勢があった場合です。これは家族としての共同生活を維持しない場合にもあてはまります。

Copyright© 2016 離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~All Rights Reserved.