離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~

木槌

法律家

弁護士

弁護士とは、法的な手段を利用して様々なトラブルを解決する人の事を指しています。当事者の代理人として主張したり、事件の被告人となった人を弁護する事もあります。これは独占業務となっており、簡単になる事が出来ない職業でもあります。弁護士が受け持つ仕事には民事事件と刑事事件があり、民事事件とは普段の生活の中にある揉め事の事です。離婚、相続、ご近所トラブル、不動産問題や交通事故の慰謝料や和解金等の相談を行います。民事事件と言うのは当事者同士で話がつかなかったり、逆恨みや嫌がらせに発展しやすい問題となっています。問題がこじれて長引かない為に弁護士と言う法律のプロが間に入って解決できるようになっています。また、民事事件は司法書士でも120万円以下の事件ならば扱う事が可能ですが、金額が上がると弁護士以外に対応できません。刑事事件はもちろん弁護士のみの管轄になっています。刑事事件では犯罪を犯した人の弁護活動を行います。この目的はとにかく罪を軽くするのでは無く、場の空気に流されたりしない正当な判決と、証拠不十分なまま有罪や冤罪が決定しないように監督すると言う役目を持っています。もし弁護士がいなければ、警察だけが権力を持つ事になり証拠も無いのに犯人を仕立てあげたり、内部で起こった事件をもみ消したり出来るようになってしまいます。それを防止して常に平等で公平な裁判であるようにする為に弁護士と言う物が存在しています。

Copyright© 2016 離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~All Rights Reserved.