離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~

木槌

はじまり

レディー

離婚問題から刑事事件までを扱う弁護士と言う職業が始まったのは、中世ヨーロッパだと言われています。当時のヨーロッパには既に弁護士等を養成するための法学科が大学に設置されていました。日本では鎌倉時代にいた代官が弁護士の始まりではないかと言われていますが、当時は現在のような法律も無い上に権力もありませんでした。ただの口ききや債務の採りたてを行う人だったのです。弁護士と言う制度が現在のような形になりだしたのは明治時代になってからです。明治時代には近代司法制度の導入が行われた事により、代言人と言われる弁護士のような存在が誕生しています。しかし、当時は現在のような地位はありませんでした。中には軽蔑される事も多いような職業であり、資格制度もなかった為に悪質なタイプも横行していたと言われています。1893年に弁護士法が制定された事により、初めてここで代言人と言う呼び名から弁護士と言う名前に変わりました。当時は司法省と言う場所の管轄になっており、資格試験も現在のような司法試験ではありませんでした。1936年になってからやっと方が改正され、弁護士は法定外で法律事務の独占が認められるようになったのです。戦後である1949年には全く新しい弁護士法が制定され、国家権力から独立する事になりました。この事により日本弁護士連合会と言うところが登場したと言われています。ここまで来てやっと司法試験によって裁判官、弁護士、検察官を一気に選ぶような形になったのです。

Copyright© 2016 離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~All Rights Reserved.