離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~

弁護士

はじまり

レディー

弁護士にも歴史があります。弁護士の始まりは中世ヨーロッパといわれています。そんな弁護士が現代の形の用になりだしたのが日本で明治時代となっています。また、戦後にはもっと詳しく制度が変わってきました。

読んでみよう

法律家

弁護士

弁護士は法律のルールに則って様々なトラブルの問題解決を行っていきます。そんな弁護士の受け持つ仕事は民事事件と刑事事件に分かれてそれぞれ内容に沿った弁護的な方面から対処していくのです。

読んでみよう

別れの時には

男の人

結婚していた夫婦が別れた時には、これまで生活して出来た貯金や家の事等も含めて精算する必要があります。女性側が専業主婦であり、男性だけが給料を得ていた立場であっても2人が暮らしている環境で出来た貯金は全て共有財産になります。半分にする必要があると言う事です。もし金銭的な問題で何かもめていれば、場合によっては経済的DVにあたる場合もあります。離婚には様々な種類があり、円満に話し合いをして弁護士に公正証書だけ作ってもらい別れる方法と、裁判や調停へともつれ込む場合です。浮気や生活維持の法規等が見られた場合、それは有責となりますので離婚理由として認められます。弁護士の管轄で言えば離婚は民事事件です。プライベートな問題になりますが法律家を間に挟んで話をつける必要があります。離婚問題は2人だけで話し合って綺麗に片付く事は非常に少なく、公正証書を残さない事によってのちのちに問題になったり、裁判をしたりする人も非常に多くなっています。

外国の弁護士制度は日本とはまったく違う物になっています。日本の弁護士制度の場合は、1度司法試験に合格すれば北海道から沖縄までどこでも弁護活動をする事が可能です。しかし、海外ではその州ごとに弁護士が決まっており、試験もバラバラになっています。もし弁護士としてどこかの州へ引っ越しをする場合には、再度その州で弁護士資格を取得しなおさなければいけない状態になります。海外では弁護士が必要以上に増えており、仕事不足に陥っている状態にあると言われています。その為にやたらと弁護士が訴訟を持ちかけ、なんでもないような小さな事でも訴訟となって裁判沙汰になっているのです。いろいろな訴訟に勝つ事や、テレビ等へ顔出しすることで外国の弁護士は仕事を取得しています。国によってここまで弁護士制度や扱い、仕事の仕方に差があります。日本では司法試験を通過している人と言う区切りの為に、実力が全くない人はそもそも弁護士にはなれません。しかし、外国では州ごとの試験の為にかなり実力に開きがあり、それも問題の1つとなっています。これまで弁護士にお世話になる事は無いと思ってた人でも、離婚問題や相続の相談をする機会が遠ずれる可能性は高いです。

種類は

説明

注意しても治らないと言う場合はこの離婚理由にあてはまる事になります。次に3年以上の生死不明と強度の精神病にかかった場合、夫婦仲が実質破綻していて回復のみ込みがない場合も離婚理由になります。

読んでみよう

Copyright© 2016 離婚した時の手続きは弁護士に相談~その道のプロ~All Rights Reserved.